2015年8月アーカイブ

2015年8月31日

毛穴の黒ずみ除去|やってOKな方法とNGな方法

すっぴんになったときに一番目立つのは毛穴の黒ずみですよね!

特に鼻の毛穴は大きく開いて黒ずみがぎっしり溜まってしまうことも多く、きちんとケアしているのになかなか改善しないはずです。

keana.jpg

その理由は・・・毛穴の黒ずみは単に汚れや皮脂が溜まっているだけではなく、角栓となって固まっているからなのです。

このように固まった角栓は普段通りの洗顔料やケアでは取り除くことができないため、みんな色々な方法で解消しようとしていますよね・・・

でも、この黒ずみ除去が間違っていることも多く、肌のことを考えると絶対にNG!ということを知らずにやってしまい、逆に肌の傷めてしまう可能性もあるのです。

とにかくやってはいけないことは・・・黒ずみ除去用の粘着力が強力なパックで固めて一気に取り除いてしまうことなのです。

これって確かに一気に角栓が取れるので爽快感があり、誰でも一度はやってみたことがあるのではないでしょうか?

しかし、この方法では角栓だけではなく皮膚の一部も同時に剥がしてしまい、肌を傷つけてしまうのです。

また、一気に角栓を取り除いてもそこには大きな穴が残ってしまうため、結局そこにはすぐに汚れや皮脂が溜まってしまうので意味がありません。

 

それでは黒ずみを取り除く正しい方法とはどのようなものでしょう・・・

まずは専用の黒ずみ除去専用のケア用品を使って毛穴の奥の汚れや皮脂をしっかり取り除いて角栓を溶かすことが大切です。

もちろん一回ですぽっと角栓が取れるわけではないので続けることが大切で、その後は開いてしまった毛穴を元の大きさに引き締めることも必要なのです。

引き締め効果の高い化粧水や専用のクリームなどを使って毛穴を小さくすることで、新たな黒ずみができるのを防いでつるつるの肌を手に入れることができるのです。

 

もしかして摩擦が原因!?膝が黒ずんでしまう人は要チェック

ある日人鏡に映る自分の足を見たときに、膝が黒ずんでいた!なんて経験はありませんか?

膝や肘は毎日の生活習慣やクセなどで黒ずんでしまうことが多く、全く気付かずに生活している人も少なくないようです。

hiza.jpg

確かに、寒い季節は特に自分の膝を見ることは少ないですし、まさか突然黒ずんでしまうなんて想像もしませんよね・・・

しかし、この膝の黒ずみってなぜできてしまうのでしょう?

実は色々な原因で膝が擦れて摩擦が起こることによって色素沈着することがあるのです。

この摩擦が原因で膝が黒ずむことがとても多く、汚れと勘違いして擦ると余計に悪化するので、優しく洗うこととしっかり保湿することで肌のターンオーバーを促すことが大切です。

肌のターンオーバー、いわゆる新陳代謝というやつですが、
この新陳代謝を促してメラニンを肌の基底層から押し出し、黒ずみを取り除くのがピューレパールです。

肘や膝は皮膚が硬いからと言って硬い素材のスポンジや軽石を毎日使う人もいるようですが、それによって黒ずみができているかもしれないなんて今まで考えもしなかったのではないでしょうか?

また、専用のピーリング剤も効果が高く肌のターンオーバーが正常に行われていないと感じている人はぜひ使ってみてください!古い角質が剥がれ落ちることによって肌がつるつるに変化するのを感じられます。

 

この摩擦は、衣類によって起こる事も多く硬い素材のジーンズや麻を好んで履いている人や、正座やひざを床に付ける体制もできるだけ避けたほうが良いそうです。

例えば、雑巾がけや硬い衣類を履いての正座はそれだけでかなり摩擦を生じるので、知らないうちに黒ずみが進行しているかもしれません。

膝の黒ずみは見た目が汚らしいですよね!決して汚れではないのですが、きちんとお風呂に入っていない人のように見えてしまったり、膝や肘には年齢が出るとも言われているので、つるつるの膝をキープすることが若く見られるためにも必要なことなので、きちんとケアしましょう!

ムダ毛の間違った手入れが肌の黒ずみを招くって知ってましたか?

mudake.jpgみなさんはどのような方法でムダ毛の処理を行っていますか?特に薄着の季節は足や腕、脇や背中など体中のムダ毛を処理しなくてはならず、女性にとってはとても面倒なことです。

ほとんどの人が剃刀や毛抜き、脱毛器などを使っているのではないでしょうか、最近は脱毛サロンもたくさんでき低価格で施術を受けることができるため、そのようなプロに任せている人もいるかもしれません。

しかし、誰もが行ってるムダ毛処理によって肌が黒ずんでしまう可能性かあり、すでに黒ずみができている人もいるかもしれません。

ムダ毛の処理を剃刀で行っている人は少なくても2.3日に一回は剃っているのではないでしょうか?この剃刀が毎回新しい物ならばそれほど心配はいらないのですが、切れ味が悪い刃の剃刀を長く使い続けていると肌は知らず知らずのうちに摩擦を受けていて、肌を傷めるだけではなく黒ずみが生じることもあります。

また、毛抜きによって無理に毛を抜くことも色素沈着を起こすことがあり、特に脇に黒ずみができている人が多いようなので、そのような人は今行っているムダ毛処理が肌に負担をかけていると言うことかもしれません。

 

頻繁に行わなくてはならないムダ毛処理だからこそ、肌に負担がかからない方法を選ぶべきで、出来れば脱毛サロンなどを利用して自分ではムダ毛処理をしなくても良いようにした方が良いのかもしれません。

しかし、この脱毛サロンも信頼できるお店を選ばないと黒ずみができたり肌トラブル起こすなどの問題が生じることがあるので、安さだけで選ばずに口コミやお店の対応などもしっかり調べてからの方が良いようです。せっかくお金をかけて脱毛サロンに通って肌が黒ずんでしまっては取り返しのつかないことになってしまいますよ!

「いつまで使っている!?」化粧品の使用期限に注意!

先日片づけられない芸能人の家の中の物を8割捨てるという番組を観たのですが、芸能人ということもあって化粧品の量もかなり多かったので驚きました!

kosume.jpg

だって、化粧品って一度買うと数か月はもつし同じ用途の物をたくさん持っていても結局は気に入った物だけしか使わないんですよね・・・でも、なぜかいつか使うかもしれないなんて気持ちが捨てきれず思い切って処分!ってことがなかなかできないものですね。

でも、この化粧品は使用期限が書いていなくても一度使った物を長く保管して、また使うのはとても危険なことなのです!実は、化粧水やクリームなどは数か月から半年、他の化粧品も同じくらいしか清潔に保てないので」今は使わないけどまた使うかもしれない」はもう使えないと同じなのです!

そして一番気を付けなくてはならないのが、アイメイクに使うアイシャドウやマスカラ、アイラインなどで、これらは何と3か月で使用期限が切れてしまうそうです。

古い化粧品を使うことによって結膜炎やものもらいになる人が多く、それでも自分が使ってしまった古い化粧品が原因だと気づかない場合もあるようです。

マスカラなどは何年ももつと思いますよね?また、アイシャドウなどは季節や気分、流行によって使い分けるため同じものをずっと使い続けるなんてなかなか・・・でも、それがトラブルを起こすことになったり、雑菌がたくさん含まれた化粧品を肌に直接つけているなんて考えたらぞっとしますよね!

ですから、化粧品は頻繁に買うのではなくなくなったら新しい物を買うのが正解なんですね・・・もし、どうしても今使っている物が合わなかったり飽きてしまった場合は、それを取っておくのではなく勿体ないですが処分しなくてはならないのです。

効果な美顔ローラは本当に価値があるのか?正直なところを暴露します。

最近は芸能人を中心に男性でも美顔ローラーをコロコロしている人が多いようですね!

あれ、手軽にアンチエイジングができると人気が出た美容グッズですが、値段を知って驚いた人も多いのではないでしょうか?

bbigan.jpg

そうなんです!類似品や偽物もなるのですが、本物の美顔ローラーはかなり高額なのです。

それだけ効果があると言うことならば、ある程度値段が高いのも納得なのですが、あんな風にローラーをコロコロするだけで本当に効果があるのでしょうか?

確かにゲルマニウム100%のローラーでコロコロすると、肌の血流が促され小顔や美肌を多に入れることができる人もいるかもしれません・・・しかし、これによって逆に肌トラブルや肌の老化、肌荒れになってしまう人もいるようなので、必ずしもすべての人に合っているエイジングケア方法とは言えないのです。

あのローラーを長時間に渡って毎日コロコロすると、肌に負担がかかる気がしませんか?そうなのです!頻繁に刺激を与えると言うことは、メラニン色素の分泌を促し人によってはシミが出来たり肌が黒ずむなどの症状が出るようです。

肌の黒ずみは摩擦が原因と言うことは、誰でも知っていると思いますがわざわざそれを自分で行ってしまうんなって・・・せっかく高いお金を出して購入したのに肌の老化を引き起こしてしまっては、泣けてきますよね!

私の周りにもこの美顔ローラーを購入して使っていた人は多く、最初は「顔が小さくなった!」「肌がつるつるになった!」などと言っていたものの、今となっては誰一人使っている人がいないのです・・・もし、その効果が本当なら手放せなくなるはずですが、買ったことすら忘れてしまっているのかもしれませんね。

このアーカイブについて

このページには、2015年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。